一例ですが、この様なケースはご相談下さい
中小規模法人又は個人事業主 経理担当者の急な退職や休職があり、記帳事務が
大幅に遅れてしまい、人員補充が間に合わない。
経営の規模から判断して、記帳のために常勤の事務員を雇用する必要は無いが、経営者自身が帳簿作成をする時間と労力を割けない。
経理事務員数に対し業務量が多く、オーバーワークである。
事務員を増員するのは予算的に難しい。
管理部門のコスト削減をしたい。
新規開業者 設立運営のノウハウがない。
開業したい、又は開業したが、帳簿組織が確立されていない。
経理事務が肌に合わない、まだ事務員を雇用する程、事業が安定していない。
会計事務所等 繁忙期の試算表作成事務を外注にしたい。
関与先が上記の様なケースである場合に外注にしたい。

経理処理のアウトソーシング

アサマ事務経理代行センター

長野県の記帳代行
e-mail  support@asama-kd.com

運営方針